異例の高ペイアウトを維持できる理由

オンラインカジノといえば様々な特徴がありますが、ペイアウトの高さが何よりの特徴なのではないでしょうか。

ペイアウトの高さは一攫千金の夢へとつながるものですが、オンラインカジノはおろかギャンブルそのものにあまり興味のない人にとっては、そもそも「ペイアウト」の意味が分からないはず。
そこで、ペイアウトに関していろいろと探ってみました。

ペイアウトとは何を意味する数字なのか

オンラインカジノのペイアウトは97%、あるいはそれ以上とも言われています。
数字である以上、100%が上限であることを考えたらよく分からない人でも「高い数字なんだな」と分かるはずです。

ペイアウトはどのギャンブルにも大まかに設定されているもので、簡単に言えば「還元する割合」です。

ギャンブルをビジネス的な観点から見ると、プレイヤーが投じたお金が運営費用になります。
場所代・テナント料金・人件費・メンテナンス、そして利用者への配当など、ギャンブルにもいろいろとお金がかかるものです。
それらのお金をどこから捻出するのかと言えば、プレイヤーが支払ってくれるお金です。

つまり、ペイアウトが低い方がギャンブルの業者としては利益が高まります。
なぜなら、ペイアウト以外のお金はなかなか圧縮出来ません。

人件費は削れますが、削ればサービスの質が落ちます。
テナント料金や光熱費など、運営のために最低限必要な費用はどうしても弄れません。
また、自分たちの利益も確保しなければなりませんので、ギャンブルの運営業者としてはペイアウトは低い方が利益を出しやすいのです。

他のギャンブルを見てみよう

オンラインカジノのペイアウトは97%、あるいはそれ以上と囁かれていますが、他のギャンブルの数字を見るとさらに驚かされます。

・宝くじ:50%前後
・競馬/競輪:70%前後
・パチンコ/スロット:80%前後

国内にて馴染みのあるギャンブルのペイアウトが上記になります。
この数字からも、オンラインカジノのペイアウトの高さが突出していることが分かるのではないでしょうか。

しかし、なぜここまでペイアウトに差があるのか。
素朴な疑問かもしれませんが、他のギャンブルの運営業者がたくさん懐に入れているというよりも、経費の問題です。

宝くじの場合、まず髪を大量に印刷しなければなりませんし、印刷された宝くじ券を全国の販売所まで配送しなければなりません。
さらに、販売所は無人では営業できませんので、そこでも人件費が発生します。
場所である以上、テナント料金もかかることでしょう。
競馬や競輪であれば馬やジョッキーを育てなければなりません。
パチンコやスロットの場合もテナント料金や光熱費など、どのギャンブルも「必要経費」がかかります。

しかし、オンラインカジノの場合はサーバーにカジノのプログラムを設置すれば完了です。
サーバー代金、そしてメンテナンス。この程度で十分なので、遊戯者が支払ったお金の多くを遊戯者側に還元出来るのです。

ペイアウトの高さが意味するもの

ペイアウト97%以上という数字はともすると勝率と勘違いされがちなのですが、いわば期待値のようなものです。
10,000円支払った際、どのくらい戻ってくるのかを表した数字であって、100回遊べば97回勝てることを意味した数字ではありません。

また、あくまでも「遊戯者全体のパーセンテージ」になりますので、まさに勝負は時の運です。
少額の投入で大勝利を収めるパターンもあります。この点がオンラインカジノの魅力です。
高いペイアウト、そして多くのユーザーが夢中になって大金を投じますので、時に一攫千金のチャンスがあるのです。
ましてやネット環境さえあれば気軽に楽しめるとあって、国内だけではなく、海外からも高い人気を集めているのです。

海外の業者でも安心できる理由

オンラインカジノの業者は基本的に海外の業者です。
「海外の業者」と聞くと不安になる人もいるかもしれませんが、ボーダレスの時代です。
むしろ日本国内でもスマートフォンに代表されるように、海外でも安心出来る業者が多いと分かってきているのではないでしょうか。

さらに、オンラインカジノの業者はライセンスを受け無ければなりません。
カジノが合法な国・行政が定めた基準を満たして初めてライセンスが発行され「営業OK」となりますので、ライセンスを受けているオンラインカジノ業者はまったく問題ありません。
むしろライセンスを受けているオンラインカジノ業者の多くが、現実ではホテルやリゾート事業などを手掛けている大会社です。

まとめ

ペイアウトの高さから一攫千金を狙えるオンラインカジノは、営業している会社を見ても安心感を得られることでしょう。
ライセンスの中で健全に営業している業者なので、渡航に心配することもなく、安心して一攫千金を狙えるのです。
ペイアウトの高さも決して不正で高くしているのではなく、考えれば納得できるものなので、安心して一攫千金を狙ってみるのも良いのではないでしょうか?